お尻の黒ずみ・角質のザラザラを解消するコスメはどれ?

 

お尻は下着やストッキング、座る姿勢などから摩擦や圧迫といった刺激を受けやすく、肌表面の角質が厚くなり「過角化」という状態になります。

 

そうなると肌が荒れてしまい、お尻が黒ずんだりざらざらになってしまう事も。

 

お尻の肌は外気にさらされていない分、デリケートにできており、日々のケアも大切なパーツなのです。

お尻の美容には「保湿」が重要

お尻の黒ずみや角質のカサカサを解消するのに最も大切なのは水分補給・潤い。つまり保湿です。

 

保湿がなぜお尻の黒ずみやざらざらに良い?

  • ターンオーバーが促され、新しい肌の生まれ変わりがしやすくなる
  • 肌が柔らかくなり化粧品などの美容成分が入りやすくなる

肌にたっぷり水分を与えると、肌のターンオーバーが正常化され、古い角質が剥がれて新しい細胞が肌の表面にあがってきます。

 

逆にターンオーバーが遅いと、古い角質がたまり肌がごわつきます。

 

保湿成分の中でも、最も保湿力の高いセラミドや肌のターンオーバーを促すプラセンタなどが入った化粧品は特に効果が出やすくおすすめです。

 

お尻の黒ずみ・角質のカサカサを解消するコスメ

フェアリームーン

ノーベル賞受賞した肌の生まれ変わり成分EGF配合!ふわふわのお尻に

主な保湿成分

  1. 角質化した皮膚を柔らかくする成分:セラミド、コラーゲンや20種類の植物エキスなど
  2. ターンオーバーを正常化する成分:酵母エキス、プラセンタ、フラーレンなど

脱毛エステでVIO(陰部)の脱毛をしたら自分の想像以上に、お尻周りが黒ずんでいてショックでした。ムダ毛が減った分、黒ずみも目立つように....

 

以前、酵母エキス入りの化粧品で顔の美白をしていた事があるので、酵母エキス入りのフェアリームーンを購入してみました。

 

昼用と夜用、それぞれ別のマッサージジェルでお手入れを続けています、以前は粉を吹くことも多かったお肌がプルプルになり、お尻の触り心地が良くなってきました。

 

お尻の黒ずみが消えるのは長期戦を覚悟していましたが、肌の生まれ変わり成分EGFが含まれているからか、半年たった今、かなり綺麗になっています^^

 

ピーチローズ

ナノ化した美容成分がお尻の肌奥までしっかり届くから効果が高い!

capture-20140520-004618

  1. 角質化した皮膚を柔らかくする成分:セラミド、コラーゲンや8種類の植物エキスなど
  2. ターンオーバーを正常化する成分:プラセンタなど

お尻のニキビ対策に買いました。もう1年以上使用しています。

 

ニキビが出来にくくなりましたが、固い座りダコも直りました。ジーンズを履かない、椅子にはクッションをひく、という事をしていたせいもあるとは思いますが....

 

肌がぷるぷるになって人に見せられるようになってきました!

 

保湿がお尻の黒ずみやザラザラ対策に必要なのは何故?

黒ずみ(色素沈着)やザラザラは、保湿だけでは効果なさそう.....そう思う方も多いと思います。

 

皮膚の黒ずみは肌の乾燥や刺激で出来る事が多く、潤いがある皮膚にはあまり黒ずみが見られません。

 

また潤い不足の肌はターンオーバーが遅れ、古い角質が排出されず肌に残ります。その為、ザラザラしたお尻になってしまいます。

 

乾燥はニキビなどの肌トラブルの原因になる事も多く、美肌をキープする為には保湿対策は最も大切と言えます。

 

保湿成分にも効果が高いものと低いものがある

保湿成分というと、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド.....など実に様々。

 

どれも保湿効果はあるのですが、大切なのは長時間保湿・保水効果が持続できるかどうか。

 

現在、最も長く保湿効果があると言われているのがセラミドで、黒ずみや肌のカサカサ、ザラザラを解消する場合は、ぜひセラミド入りのものを選ばれる事をおすすめします。

 

さらに、肌のターンオーバーを促すプラセンタなどが入っていると効果的です。

 

特にフェアリームーンは高機能

こちらでご紹介したフェアリームーンもピーチローズも、保湿成分たっぷりでセラミドもプラセンタも配合された美容ジェルです。

 

特にフェアリームーンには

  • ノーベル賞を受賞した肌の再生成分EGF(ヒトオリゴペプチド-1)
  • コラーゲン生成力がプラセンタの800倍もあるフラーレン
  • 肌からの水分蒸発を防ぐ酵母エキス

などお肌に良い成分がたっぷり。

 

お尻の黒ずみが気になって、水着を着るのに抵抗がある
身体のすみずみまで綺麗でいたい

 

こういった女性には、フェアリームーンで朝と夜。マッサージを続けられる事をおすすめします。

このページの先頭へ