乾燥肌、敏感肌向けのニキビ跡化粧品のおすすめはどれ?

乾燥肌や敏感肌の人はもともと水分が不足しているので、全ての肌トラブルの元である乾燥を防ぐニキビ専用の化粧品を使う事が大切です。

 

乾燥肌と敏感肌のニキビ跡化粧品の選び方5つのポイント

  1. 水分を肌へしっかり補給してターンオーバーが正常に行われる肌にする
  2. コラーゲンを生成する肌の内側からの潤いケアが出来る化粧品を選ぶ
  3. 保湿は重要だが油分を含まないニキビ専用の化粧品を使う
  4. ニキビ跡を修復する成分が入った化粧品を使う
  5. 強い殺菌成分サリチル酸不使用の化粧品を使う

 

リプロスキン

肌の徹底保湿を目指したニキビ跡専用ローション

 

capture-20140520-004542肌へ浸透しやすい低分子化されたコラーゲン、ヒアルロン酸の他、保湿効果の高いセラミド配合の導入型化粧水。新陳代謝を促しターンオーバーを正常化させるプラセンタエキスは、真皮に存在する線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促します。普段使っている化粧水の前に使うと、美肌成分がさらに浸透しやすくなり、最短でゴワゴワ肌からプルプル肌へと導きます。

リプロスキンに含まれる主な保湿成分

  1. 水分を補給しターンオーバーを正常化させる成分(ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドの保湿成分)
  2. 肌の内側から潤いケアをする成分(プラセンタ)
  3. 油分は含まない
  4. ニキビ跡を修復する成分(プラセンタ)
  5. サリチル酸不使用

対応しているニキビ跡:赤み、色素沈着、しみ、クレーター

 

ビーグレン

capture-20140522-183757汚れはきちんと落とすけれども潤いを奪わない天然クレイの「モンモリロナイト」をベースにしたビーグレンのクレイウォッシュは、洗顔料選びが重要なニキビやニキビ跡に悩む乾燥肌や敏感肌の方にとってぴったり。ニキビ跡の修復やコラーゲンの生成に純度の高いビタミンCが使われていますが、ビタミンCの肌への刺激が気になっている方に嬉しい1週間のトライアルセットがあります。

ビーグレンに含まれる主な保湿成分

  1. 水分を補給しターンオーバーを正常化させる成分(ヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分)
  2. 肌の内側から潤いケアをする成分(ビタミンC)
  3. 油分は含まない
  4. ニキビ跡を修復する成分(ビタミンC)
  5. サリチル酸不使用

対応しているニキビ跡:赤み、色素沈着、しみ、クレーター

 

オルビスクリアシリーズ サリチル酸不使用

capture-20140520-010735
7つの和漢エキスで肌の外側からたっぷり保湿するオルビスのニキビ専用コスメです。ニキビ跡には効果は感じずらい、というのが正直な感想です。ニキビ予防や今あるニキビのケアをしたい人向けです。

オルビスクリアシリーズに含まれている主な保湿成分

水分を補給しターンオーバーを正常化させる成分(真珠・霊芝エキス、高麗人参エキスなどの保湿成分)

  1. 肌の内側から潤いケアをする成分
  2. 油分は含まない
  3. ニキビ跡を修復する成分
  4. サリチル酸不使用

 

 

保湿とターンオーバーができるニキビ専用化粧品

2013-08-17_225026乾燥肌や敏感肌の人はもともと水分が不足しているので保湿をしっかり行う必要がありますが、保湿化粧品や敏感肌専門の化粧品の中には油分が多いなどニキビに悩む方に適していないものもあります。そのような化粧品を使う事でニキビが悪化する事もあるので、ニキビケア専用の化粧品を使うようにしてくださいね。

買った人の90%が満足!
保湿・ターンオーバーができるニキビ跡用化粧水 >>

 

まずは保湿とターンオーバーで肌の状態を整える!外部からの刺激を防ぎ、肌の奥からの水分の蒸発を防ぐ為に、肌には天然のバリア機能があります。このバリア機能が低下するとちょっとした環境の変化や刺激ですぐに肌の状態が悪化してしまいます。バリア機能を正常に保つ為には、保湿とターンオーバーのサイクルを崩さない事が重要。乾燥肌、敏感肌の方の多くはターンオーバーが乱れている事が多く、専用の化粧品などで対策をしていく事をおすすめします。せっかくニキビが治ってせいせいしていたのに、今度はその跡がいつまでも残ってイライラ…このような経験はありませんか?「ニキビを潰すと跡になる」と言われていたのに、つい気になって指や爪で芯を押し出してしまったことを後悔しても遅いかもしれませんが、何とかしたい!と思うのは女性なら(最近は男性にも見られますが)当然のことですよね。

 

ニキビ跡は炎症を起こしていた部分が色素沈着していつまでも赤みが消えなかったり、茶色いシミのように見えるものから、肌にへこみができるクレーター肌までさまざまです。色素沈着には、まずターンオーバーが正常に行われるよう、肌に水分をしっかり補給することが必要です。乾燥肌や敏感肌の人はもともと水分が不足しているので、セラミドなどの保湿成分が配合された化粧水を少量ずつ肌につけて潤いの層を作ってあげるとよいでしょう。特に水溶性ビタミンC誘導体を使用した化粧品は肌への浸透が早く、美白・美肌といった効果が高いことから注目が高まっています。ビタミンCは「美容のビタミン」と言われていますが、肌のハリや弾力のもとであるコラーゲンの生成にも一役買っています。ニキビ跡に悩む人にはうってつけの成分と言えるでしょう。

 

古い角質を除去するピーリング効果のあるAHA(フルーツ酸など)を使用したものは、乾燥肌や敏感肌には向いていません。必要な角質まで取れてしまい、肌荒れや乾燥がひどくなる恐れがあります。第一に考えるべきは、水分補給と保湿です。ビタミンC誘導体配合の化粧品の中には、刺激が強すぎることもあるので、できればサンプルをもらうなどして試してみるとよいでしょう。

 

 

リプロスキンもビーグレンも効果がなかった場合、肌に合わなかった場合の全額返金保証もついているので、本製品の購入前に試されてみるのをおすすめします。

このページの先頭へ