グリチルリチン酸ジカリウム化粧品でニキビを治す!

12ニキビ治療薬の成分としておなじみの「グリチルリチン酸」。正しくはグリチルリチン酸ジカリウムと言い、化粧品や歯磨き粉などの医薬部外品に多く配合されています。ニキビや肌荒れを緩和する働きがあり、ニキビ用化粧品には必ずと言っていいほど使われています。尚、グリチルリチン酸ジカリウムはグリチルリチン酸2Kと表示される事もあります。

グリチルリチン酸ジカリウム配合!売れているニキビ化粧品

ビーグレン「ニキビケアセット」

洗顔料(クレイウォッシュ)、化粧水(ローション)にグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。洗顔料のクレイウォッシュには天然クレイ成分であるモンモリロナイトと併せて配合され、毛穴汚れを優しく落としながら炎症を抑えてくれます。

ちなみに、このクレイ成分は汚れを吸着する性質があるので、洗顔料も泡立てる必要がありません。顔全体にマッサージするようになじませればよく、炎症や化膿など、ニキビのある肌には刺激が少ないのでおすすめです。7日間のトライアルで効果を感じ、その後リピート購入の多い大人気のニキビ専用化粧品です。

▼ニキビ跡のトータルケアが出来る基礎化粧品セット▼


リプロスキン

リプロスキンは、導入型化粧水ですがその中に「グリチルリチン酸ジカリウムが配合」されています。また、グリチルリチン酸ジカリウム以外にも、肌を柔らかくしてニキビに良い成分を肌の奥まで届かせてくれるので、美肌になるだけでなく、しつこい繰り返しニキビや古くからあるニキビ跡に悩む方にも人気です。リピーターが多く定期コースがお得で、定期コースは4回継続した後は解約が可能です。


オルビスクリアシリーズ

洗顔料(クリアウォッシュ)、化粧水(クリアローション)、保湿液(クリアモイスチャー)にグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。オルビスでは甘草由来成分として紹介されていますね。ニキビの原因を取り除くだけじゃなく、和漢エキスで肌本来の力を高める東洋思想に基づいているニキビ専用コスメです。


「薬用」化粧品の多くに配合されている

グリチルリチン酸は甘草という植物から抽出されます。免疫調節効果や抗アレルギー作用、抗炎症作用が高いとされるグリチルリチンは水に溶けにくいため、そのまま使うのが難しいという問題がありました。それを水に溶けるよう加工したのがグリチルリチン酸ジカリウムです。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果とは?

最もよく知られているのは抗炎症効果(炎症を抑える効果)です。赤く炎症をおこしているニキビを鎮静化し、悪化を防ぐ効果があるとされています。ニキビ跡でいえば、赤みの残るニキビ跡を治すのに使われています。他にも、敏感肌用の化粧品に採用されていることからもわかるように、優れた抗アレルギー作用もあります。

グリチルリチン酸ジカリウムの副作用は?

ステロイドと同様の働きがあるので、副作用を懸念する声もあります。しかし、生薬由来である事と、化粧品に使用される場合はその量が厳しく制限されているので、健康上の心配はほとんどないと言えるでしょう。ニキビ治療は先を見越して行うことが重要です。炎症や化膿を起こして跡を残しかねない状態に至る前に処置して治してしまいましょうね。
このページの先頭へ