皮膚科で行うニキビ跡のピーリング治療の効果

saron-ok肌は本来なら古い角質が自然にはがれ、基底細胞が分裂することで肌細胞の数は一定に保たれるのですが、何らかの理由でターンオーバーのサイクルが乱れると角質は肥厚化し、ごわつきやくすみ、毛穴詰まりの原因となります。また、ニキビ跡の修復にも影響を及ぼすことから、古い角質層を薬品や施術によって人為的に除去してしまう方法がピーリングです。

ピーリングの効果

ピーリングを行う事で肌のターンオーバーを促し、色素沈着の改善だけでなく、真皮を刺激して新しい皮膚の生成を促す事から肌の若返り効果があると言われています

 

皮膚科で行うピーリング治療と自宅で出来るピーリングの大きな違いは、敏感肌や目の周りなどの皮膚の薄い部分でもピーリングが可能である事、レーザーなどで毛穴の奥に詰まっている汚れを落とせる、という事です。

 

自力で治す事が難しい「くぼみ」や「盛り上がった」ニキビ跡に効果的

フェイスパック 女性

ピーリングは、古い角質を溶かしたりはがしたりすることで新しい皮膚の成長を促す治療法です。色素沈着をスムーズに薄くできるだけでなく、クレーター部分にあえてダメージを与えることで皮膚の自己再生能力が刺激され、くぼみをフラットに改善してくれる効果も期待できます。また、肥厚性瘢痕と呼ばれる盛りあがったタイプのニキビ跡にも有効です。

 

皮膚科でしか行えないニキビ跡のピーリング

saron-good-crop水溶性のAHA(αヒドロキシ酸)や油溶性のBHA(βヒドロキシ酸)を塗布し、角質をはがれやすくするケミカルピーリングは手順や使用する薬剤、程度などに充分注意すれば自宅でも可能です。しかしダイヤモンドピーリングやアルミニウムの微粒子を使うクリスタルピーリング、赤外線レーザーを使うマックスピールは専門の美容外科や皮膚科でなければ受けることができません。

ダイヤモンドピーリング

目の周りなどにも使用でき、ケミカルピーリングが受けられない肌の弱い方や敏感肌の方でも受けられます。

クリスタルピーリング(酸化アルミニウム)

ダイヤモンドピーリング同様、皮膚の薄い目の周りや肌の弱い方でも受けられます。アレルギーや副作用の出にくいアルミニウムを使うので、アレルギーが心配な方に。

マックスピール(赤外線レーザー)

レーザーを照射し毛穴の汚れを燃焼します。ピーリングとあわせて毛穴の引き締めも同時に行います。また、皮膚科で行うケミカルピーリングは市販の化粧品やエステのものより濃度が高いので、その分効果もはっきり出ると言われています。

 

本格的なニキビ跡の治療ができるクリニック一覧

シロノクリニック

ドクターシーラボ生みの親として有名なメディカルクリニックです。白ニキビ、黄ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビなど症状に合わせたピーリング治療が出来ます。 
シロノクリニックの公式HPを見てみる >>

 

美容皮膚科 エルクリニック

茶色いニキビ跡にはケミカルピーリングやフォトフェイシャルなどの光治療、赤みには光治療やレーザー治療。肌の凹凸にはピンポイントではヒアルロン酸の注入、全体的にはフラクショナルレーザーやポラリス・サーマクール(高周波を用いた治療器)といった治療を行っていきます。また自己血を利用したW-PRP療法などの治療法もあります。
エルクリニックの公式HPを見てみる >>

 

美容皮膚科 聖心美容外科

 

保険適用の皮膚科で行っているニキビ治療やニキビ跡治療の他、美容皮膚科ならではの先進的なニキビ治療も受けられます。例えば、日本初導入の過酸化ベンゾイルを配合したニキビ治療薬の他、ニキビ跡にも効果的なRF(ラジオ波)を活用したマシン治療、ニキビができにくい肌に整える高濃度ビタミンC美容液などが用意されています。カウンセリングでは、各患者さんの生活習慣なども聞きながら一人一人にあった最適な治療を提案してくれます。 聖心美容外科の公式HPを見てみる>>

 

湘南美容外科

ケミカルピーリングの他、ニキビ、ニキビ跡治療にフラクショナルCO2レーザー、フラクセル2、イントラセルなども受けられます。
湘南美容外科の公式HPを見てみる >>

 

ピーリング治療後のケアも皮膚科ではしっかり相談を

ピーリングはニキビ跡に効果的ですが、皮膚が薄くなるので施術後は充分な保湿ケアが必要です。バリア機能が完全に整っていない肌が表面に出てくるため、外部からの刺激にも敏感になります。ニキビ跡の治療には効果的と言えますが、事前にしっかりカウンセリングをしてもらうようにしましょう。

このページの先頭へ