オルビスとリプロスキン比較!ニキビ跡に効果があるのはどっち?

puro222

色素沈着やミカンのように凸凹なニキビ跡は憂鬱ですよね。

 

メイクでカバーしようとしても、不自然な厚塗りになってしまったり、汗をかいたらファンデーションがくぼみに落ち込んでかえって目立ってしまったりと、悩みは尽きません。

 

ここでは、人気の高いオルビスとリプロスキンのニキビ跡への効果を比較してみましょう。

 

凹凸クレーター跡までケアするならリプロスキン

 

リプロスキンもオルビスも大人ニキビの主な原因であるインナードライに対応した保湿成分たっぷりの化粧品。

 

毎日丁寧に保湿を心がけていく事で、肌のターンオーバーを促進し、新しい肌が生まれやすくなります。

 

その為、リプロスキンでもオルビスでも色素沈着したニキビ跡のケアが可能です。

 

ただ、肌のターンオーバーを促す事については、プラセンタエキス、ダーマホワイト、セラミドを配合しているリプロスキンの方がより早く効果を期待できます。

 

さらにリプロスキンに含まれるビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促す作用があり、出来てしまった傷に働きかける事が出来ます。

 

つまり、リプロスキンはクレーター状になったニキビ跡にも肌の内側からアプローチする事ができるんですね。

 

オルビスとリプロスキン比較!ニキビ跡に効果があるのは?

 

新しい肌が生まれやすい状態になるので、リプロスキンは化粧品では治りづらいクレーターニキビ跡にも対応した化粧品と言えます。

 

リプロスキンをニキビ跡に使った口コミをチェックする→

 

オルビスのニキビ跡への効果は?

 

化粧品ブランドでは断トツの売り上げを誇るオルビス。中でもニキビ用化粧品のライン「クリアシリーズ」は全体の売上が3000万個を超えたという大人気商品です。

 

ストレスや乾燥によって再発を繰り返す大人ニキビのスパイラルを断ち切るために、和漢成分を配合したこのシリーズは、保湿と薬用効果によってニキビのできにくい肌に近づけてくれます。

 

クリアシリーズのローションはたっぷり1,800ml入って1,000円台とコスパも良く、しっかり保湿をしていく事で色素沈着や軽い凸凹程度のニキビ跡のケアも出来ます。

 

ただ、リプロスキンと比較すると時間がかかり、目立つ凹凸ニキビ跡を消すのは難しいかもしれません。

 

これはオルビスに限った話ではなく、クレーター肌は真皮がニキビの炎症・化膿によってダメージを受け新しく皮膚が作れなくなってしまうことで起こります。つまり、真皮の状態を改善しなければ自然治癒は難しいということなのです。

 

オルビスは色素沈着したニキビ跡、ニキビケア、ニキビ予防には十分使える化粧品でコスパも良いので、お肌の状態によってはとてもおすすめできるニキビ化粧品です。

 

オルビスクリアの口コミをみる→

 

オルビスとリプロスキンの比較まとめ

 

  オルビス リプロスキン
ニキビケア・ニキビ予防

色素沈着ニキビ跡

クレーターニキビ跡

公式サイト
詳細をチェックする>>
詳細をチェックする>>

 

リプロスキンのニキビ跡への効果

リプロスキンはクレーター肌でも、美容成分を肌の奥まで届けて改善する効果が期待できる導入型の化粧品です。通常、基礎化粧品と言えば、肌を引き締め、たるみや毛穴を目立たなくするために使うものですよね。しかし、「リプロスキン」はあえて肌を「ゆるめる」ことに着目しました。

 

ripuro1

           

 

化粧品の中ではブースターに分類され、スキンケアの最初につけることで肌をやわらかくし、水分や美容成分を浸透しやすくする働きがあります。

 

これまでのお手入れにプラスするだけでも充分ですが、ビタミンC誘導体などニキビ跡の修復に効果的とされる成分も、肌のより深部に入っていくので併せて使うとより効果的です。(人気のビタミンC誘導体→

 

さらに特筆すべきはリプロスキンには「プラセンタエキス」が配合されている事。

 

プラセンタとは胎盤の事ですが、細胞分裂を活発化させ新陳代謝を高める効果があり、新しい肌の再生へと導きます。ターンオーバーがスムーズで常に新しい肌細胞が作られている状態を目指すので、ニキビ跡が消えずにあきらめていた方に是非おすすめしたいニキビ跡専用化粧水です。

 

このページの先頭へ