プロアクティブとリプロスキンをニキビ跡の効果で比較

hikaku1

出来てしまったニキビ跡。特にニキビ跡がえぐれて瘢痕状になったクレーター肌を自分で治すのは至難の業です。しかし、最近になって「ニキビ跡を自宅でケアできる化粧品」も市販されるようになりました。ここでは、ニキビ跡を自宅ケアできるプロアクティブリプロスキンの二つを取り上げてみます。どちらも人気があるので知ってる人も多いと思います。

 

プロアクティブのニキビ跡の効果は?

 

「プロアクティブ」はすでにできているニキビが治るようなイメージがありますが、実際には過剰な皮脂などの原因を取り除き、肌質を改善することでニキビになりにくい肌を作ると言えます。

 

プロアクティブには洗浄力や殺菌力の高い成分が含まれている為、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまったり、傷をつけてしまうこともあります。人によってはニキビ跡の部分が真っ赤になって悪化する事もあるので、ニキビ跡を治す目的では使用しない方が良いでしょう。

puro1

 

 

リプロスキンのニキビ跡の効果は・・・ニキビ跡には微妙

 

一方の「リプロスキン」は、ニキビが治った後の予防ケアに特化した化粧品です。化粧水や美容液などの浸透力を高めるブースタータイプで、肌をやわらかくする効果があります。

ripu1

例えば、カラカラに乾いた鉢植えの土に水をかけてもなかなかしみこんでいきませんよね。角質がたまり、乾燥した肌でも同じことが起こっています。いくら化粧水をつけても状態が改善されないのはそのためです。そして、ごわごわの肌はターンオーバーが正常に行われないので新たにニキビができたり、ニキビ跡も残ってしまいがちなのです。

 

リプロスキンの詳細を見てみる >>

 

「リプロスキン」は美容効果のあるダーマホワイトや保湿力を高めるホメオシールド、美肌作りをサポートする酵母エキスなど8種類の美容成分が凝縮されたナノカプセルが角質層に留まり、赤ちゃんのようなプルプル肌にしてくれます。水分量・皮脂量のバランスの取れた健やかな肌は、ターンオーバーがスムーズで常に新しい肌細胞が作られている状態です。ニキビ跡を薄くする効果があるというのも納得ですね。

 

 

このページの先頭へ