背中ニキビの薬(市販薬や皮膚科でもらえる薬)について

背中ニキビを治すのに欠かせないのは、ニキビの治療薬です。

 

背中ニキビは顔にできるニキビと違って手が届きにくい分ケアが大変なのと、顔に比べて皮脂量や角質の厚さが格段にある場所なのでしつこいニキビになりやすく、しっかり治さないと跡が残ってしまいます。

 

なので背中ニキビが出来たときは、皮膚科に行って処方してもらったり市販薬を買ったりして出来るだけ速やかに治すことをおすすすめします。

 

市販の背中ニキビの薬を買う時に注意したいのが、出来ているニキビの種類を知っておくという事です。

 

薬によっては赤ニキビには効いても白ニキビになってしまうとそれほど効果のないものもありますので、どの薬を買えばいいかわからない時は薬剤師の方に症状を伝えて選んでもらうのもいいでしょう。

 

市販の背中ニキビに効く薬で最もメジャーなのはオロナイン軟膏ではないでしょうか?これは背中だけではなく顔にできた赤ニキビにも使用できます。

 

消炎成分が入っているので赤ニキビには効果絶大です。

 

ただし、その他のニキビには効かないという弱点があります。

 

使用感にべたつきもあるので、背中ニキビには薄めに塗るのがポイントです。

 

あともともとは医薬品だったライオンのペアアクネクリームもおすすめです。

 

これは赤ニキビと白ニキビに効果があります。

 

こちらも炎症を鎮める成分が入っているので、ニキビに被せるように塗って使用すると短期間でピンポイントに背中ニキビを治療できます。

 

皮膚科で処方してもらえるニキビの処方薬は、主に抗生物質などのアクネ菌を殺菌して炎症を広げないようにするお薬と外用レチノイド剤のようなアクネ菌に対して抗菌作用があるタイプのものや、消炎剤などの薬があります。

 

ニキビの世界標準治療で推奨されている薬として最近日本でも使用されているのが、外用レチノイドという薬です。

 

これは皮膚科で処方してもらえる薬で大抵のニキビに使用可能です。

 

ニキビの初期に見られる微小面皰から赤く炎症を起こしているニキビまで幅広く使用できます。

 

副作用としてかゆみを伴って塗布した皮膚が剥がれることもあるようですが、一時的なもので完治すれば治まります。

 

他にも抗菌薬として2種類の抗生物質から作られているテラマイシンなども、背中ニキビの治療薬としてよく処方される薬です。

 

突発的にできたニキビには特に効果を発揮する薬で、お風呂上りなど清潔にしたあと炎症を起こしているニキビに塗布して使用します。

 

外用薬と内服薬を併用で処方してもらうことで早く完治できるので、どうしても早く治したい方は皮膚科のに相談してみましょう。

このページの先頭へ